フィールドに出る時の装備は、人(体型、性格、作業内容、よく歩くフィールドの状態、気候など)によって様々。
下記に紹介する道具類は、私にとって今いちばん良いと思う物たち。
一つの参考にご覧ください。
画像はクリック(タップ)で拡大します。

❏靴

森を歩く時、「笹薮でも水辺でも泥々でも雨でも」気にせず突撃できるから、という理由で、私は問答無用で長靴を着用。
甲高、幅広、ふくらはぎの太さによって合う合わないが結構出る靴関係。
Aさんは〇〇社のはOK、☓☓社のはNG、
Bさんは〇〇社のはNG、☓☓社のはOK、
なんて話しを耳にするので、色々履いて試すしかない。
身長の割に、足が小さめで、合う長靴が中々見つからなかった私がたどり着いたのはハマー。片足約500g。
中には蒸れにくさを重視する人もいるけど、もともと私は気にならない体質(性格?)なので、これが蒸れにくいかどうかは不明。
耐久性はホームセンターで売られている一般的なものに比べたら十分高い。


日常履きは、サロモンのサンダルウォーターシューズ。
家を出る時は踵を踏んでスリッパ履き、車を運転する時や近所を歩いて移動する時は、踵を上げてスニーカー履きをしている。
(森歩きはメッシュの穴から砂が入り込むので向いてない)
脱ぎ履きはもちろん、ベルトを締めればちゃんとフィットするデザインなので、ちょっと歩くのにも良い。
登山を終えて、窮屈な登山靴からサンダルに履き替える時にも活躍。
快適過ぎて、もう他のサンダルは履けない。


5年くらい前までは、某レルのオシャレ感のあるブーツを履いていたけど、重い、グリップがイマイチ、全体的にのっぺらぼうな形状で歩き心地が悪いことに不満を感じていた。

で、サロモンのスノーウィンターブーツ、ナイトロに変更。
硬めのアッパーで足首も覆われるデザインはホールド感良く、スノーシューの時はこれにしている。雪深くても、インナースパッツのあるスノーパンツを履いているので、これくらい短い丈でも問題なし。
内側にボアがあり、暖かい。


サンダルシューズにすっかり出番を奪われた、サロモンのハイキング/ウォーキングシューズ。
ゴアテックス製なので、雨の日はサンダルの代わりにこちらを履いている。
*色んな靴を履いてみたら、このメーカーのが一番足にしっくりきた。「私の足の形に合っている」というだけで、別にサロモンファンではない。そして、私の足はノースフェイスとかキーンとかが合わない。
なぜ?


❏バッグ

フィールドワークをする時に使うのはコロンビアのショルダーバッグ。
A4は入らないけど、大きすぎず小さすぎず丁度いい。
フィールドでのちょっとした使いづらさは、地味にストレスなので、それはなるべく軽減したい所。フタを被せるデザインは、物を取り出す・しまう時に邪魔と感じていたので、ファスナーオープンのこちらに最近変更。結果はGOOD。ファスナーの動きも滑らか!


❏帽子

フェニックスとかフォックスファイヤーのツバ付きデザインが好き。
私はエラの張ったベース型の顔なので、キャップは似合わない。
ヘアスタイルが崩れるからと野外活動の時に帽子を被らない人がいるけど、夏場の虫刺され防止(ブユという清流産まれの昆虫は髪の奥の頭皮まで潜り込んでくる)、怪我軽減、日焼け対策にぜひ。


冬はニット帽。
冬もヘアスタイルの乱れを気にして被らない人がいるけど、降雪時は特に必要。頭に直接雪がかかったら、体温で雪が解けて髪の毛がビショビショになり、そして急速に冷える!寒し。
ツバはあってもなくても良いと思うけど、あると降ってくる雪が顔に掛かりにくいのが良いと個人的に思ってる。耳を被せるとよりあったか~い。


❏手袋

ノースフェイスのイーチップグローブ。指がとても短く、グローブの指先余りが悩みの私。今の所これのユニセックス(XS)が一番余りのでない、ジャストグローブ。伸縮性があるのでフィット感がとても良い。
生地は薄めなので、人によっては寒くて事足りないでしょう。
こちらも参考に
→ブログ「グローブの指があまる


ヘストラのグローブ。
ゴアテックス製で濡れない蒸れない。
薄手のグローブでは寒い日にこれを着用。
最初は指周りがキツく感じたけど、使っている内に革が手に馴染んでちょうど良くなった。
指先余りはちょっとあるけど、ここまで厚いグローブを付けてるときは、指先に繊細な動きを求めないので良しとする。


❏その他の小物

ナカバヤシ、クリップボードA5。
A4用紙を折り目を付けずに畳める。
たためばショルダーバッグに入るので持ち運びにも良い。
クリップボードは紙製なので、雨の日にも多少対応できるようにコンサイスという会社の「パソコン教則本サイズC-10」のビニールカバーを付けてる。


ビクセンのルーペ。
私はコンタクトで矯正しているので、細部を観察する視力は良い方だけど、それでも足りない細部を観察する時に使っている。
これは10倍と20倍のレンズが付いていて便利そうだ!と思ったけど、20倍のレンズ経(7mm)は小さくてちょっと見づらい。ひとまずは10倍があれば十分かと思う。それで足りないと感じたら、20倍ルーペを追加購入したら良いじゃないか?
ルーペの使い方は、こことかここが分かりやすい。


ビクトリノックスのスモール・マルチツール。
こんなちっさいのを使うアウドドアヒューマンは多分あまりいない。キャンプとか登山とかでは、もうワンサイズ大きい物を持っている人をよく目にする。
けど、フィールドワークの時、植物片をちょっと割いたりする程度の使い方しかしない私は、この小ささと重さが、手指の大きさからしてちょうど良い。
刃はたまに研ぐようにしているけど、かれこれ8年選手。不具合がないので、まだ買い替えられない。
ちなみに、刃の長さが6cmを超える刃物を正当な理由なく携行していると銃刀法違反になるので、気をつけよう。

(こちらは6cm以下)


ガーバーのクルーシャルナイフ。
何年も前に、知り合いのリバーガイドが持ってたメーカーのものを買ってみた。
切れ味良く、各ツールにロック機能があるので安心感がある。
重量140g強は重厚感ありありで、バッグに入れると重い。
よってこれは非常時用。


野帳はコクヨのスケッチブック。
色んなことを書き込む。耐水タイプのものあるけど、ちょっとお高めなので、蝋引き帆布のカバーを自作して間に合わせてる。


スケール。
植物や足跡等の痕跡を測るのに必須。
昔は、大工だった祖父の木製折尺を譲ってもらって使っていたけど寿命がきたので、現在はホームセンターで買った折尺(シンワ測定株式会社)。無念。



Wクリップ・フラットタイプ。
金具がヨコに畳まれる仕様なので、金具で文字が隠れることなく留められるのが良い。


クマスプレー。
山や人気のない林道へ行かない限り出番はない。
けど、人里近い/町の自然公園ぽい所を歩く時は様子を見て、ごくたまにだけど、護身用に携行する。
そういう場所には、たまに怪しい男の人が出没したりするので、用心に越したことはないと思う。