街と森のあいだで、人の幸せに寄り添う

2018年4月夫が描いたメモ
2018年4月夫が描いたメモ

自然好きな人が集まる場、
それも「集う」と言うような
目的を持って集まる感じではなく、
暗闇の光に
虫が勝手に吸い寄せられるような、
ここに来たら何か面白いものと
出会えるかもしれない、と、
すすす~と足が向かってしまう、
そんなヘンな空間を作りたい。

そう思って、
夫へ事あるごとに伝えてきました。
森を歩きながら、車で移動しながら、
食事をしながら・・・
そうしたら、
こんなメモ↑が提出されました。
一年ほど前の2018年4月のこと。

自然の中に身を置き、
その人自身が選ぶ楽しさを提供できないか?
こちらが先を読んで、
望むものを提供するのではなく、
私が面白いと思うものを
ゴリゴリ押すでもなく、
自身の内側にあるものを発掘するように、
自然の中にあるその人にとっての
「これ面白い!!」に
偶然出会うことはかなわないか?

そのためには、
この空間に色んな
トラップを仕掛ける必要が
あるかもしれない(笑)

私は空間を作ることも含めて、
そのお手伝いをする人。

ここに来た人は、
私と森の中を散策しても良いし、
バードウォッチングしても良いし、
昼寝をしても良いし、
本棚の本を読み漁っても良いし、
ベンチで会話を楽しんでも良いし、
一人にして欲しかったらほったらかすし。

街と森のあいだにあるヘンな空間。

そこにいるヘンなおばさんになる。
それが目標。

これを好きでやるだけなら趣味の領域。
この好きなことでどうやって
他人を楽しませるか、
幸せにするか、役に立つか。
まだ落とし込みが必要かな。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    mtryu (土曜日, 16 3月 2019 20:45)

    素敵な空間。
    日本には中々、無い空間。
    作れたら素敵だと思います。

  • #2

    naomi (土曜日, 16 3月 2019 21:03)

    なるべく早めに実現したいと動いているのですが、
    出会う土地は一長一短。
    現実と理想のバランスを見極めてます。