久々の晴れツアー

毎日のように降る雨、天気予報もコロコロ変わったり当たりにくかったり、
どうにもスッキリしないお天気の日が多いですが、このツアーの時は時折
青空の見える天気に恵まれました。
今回は香川からのご夫婦、夏に入ったらもうお花なんてないのでしょう、
と希望少なめにおっしゃいましたが、そんなことはありません。
湿原の花は初夏を迎え、ゼンテイカ、ヒオウギアヤメ、トキソウが見頃です。
タチギボウシもそろそろ開花。
加えてワタスゲが湿原いっぱいに広がり、花を散らしたかのように絵になっていましたよ。
ご夫婦は喜んで花を愛でて、昆虫の動きを見て、種を付けている植物を見て、遠くの雪渓を見て、
あれもこれも、たっくさん撮っていかれました。

0 コメント

ご無沙汰な羊蹄山

雨か曇の涼し過ぎる日が続いていましたが、昨日だけは晴れて暑い天気になりました。
2週間ぶりくらいか、山頂まで見えた羊蹄山はすっかり雪渓がなくなくなっていました。
夏の北海道らしい爽快な青空に気分が良い半面、前日比10℃弱の急な気温差に体から苦情が上がっています。
そして、今日はまた曇、明日は雨。
北海道の天気は引き続き不安定です。

0 コメント

頭上のツタウルシにも気をつけて

そろそろ、雨続きの天気が落ち着きそうです。
前回のブログで雨の森は嫌いじゃないと書きましたが、気をつけなくちゃいけないものがあります。
どんなにゆっくり歩いていても、私はこれを見たらそこだけ、そそそっと足早になります。
遊歩道の上方にも枝を伸ばす木とそれに絡むツタウルシ。
雨の日は特に、これの下で立ち止まってはなりませんよ。

雨粒がウルシの葉を伝っているので、かぶれる成分も一緒に流れているでしょう。
帽子をかぶっていなかったら、それが直接肌に・・・と想像しただけでぞっとしますね。
ニセコでは出会うことが非常に多い植物です。
帽子・長袖・長ズボンで自衛はしておきましょう。

2 コメント

雨の日の森へ

蝦夷梅雨という言葉が定着してきたこの頃の北海道。
連日、雨と曇を繰り返す天気、今日も雨です。
結果的に雨に当たってしまうのはイヤだけど、雨に当たるのが前提ならイヤじゃないし、
ここの所は蒸し暑いので丁度良いくらい。
レインウェアを整え、春先カタクリが咲いていた森へ。
もうタネがこぼれ落ちはじめています。
今日はこの観察。
タネにはエライオソームという、糖や脂肪、アミノ酸が含まれた物質が付着していて、アリの餌になります。
アリは巣に持ち帰ったらそこだけ食べて、タネは巣のゴミ捨て場か土と一緒に巣の外へ捨ててしまいます。
アリは餌を獲得、カタクリのタネは遠くに移動、お互いに良いことある関係です。

アリの食いつきはいかがなものか?
ツンツンと指でタネをこぼしてしばらく待ってみました。
徐々にアリがやってきて、あち触ってこっち触って吟味して・・・

ガシッと顎でつかんだら、6本ある足をばたつかせながら懸命に引きずっていきました。
この、てんやわんやな感じがまた愛らしい。

他にも、フクジュソウ、エンレイソウ、エゾエンゴサク、スミレの仲間とかも同じ方法で
タネが運ばれますが、エンレイソウ以外ではまだ見たことがないです。
タイミングを逃しちゃってるだけなんですけどね。

0 コメント