土地開拓の途中報告的なこと

7.4haの山林を購入してから
7ヶ月ほど経ちました。
その間に、工務店・整地業者・ボーリング業者・
家屋調査士・市役所などなど、
家を建てるのに必要なやり取りで
わちゃわちゃしていました。
今後の予定としては(某SNSでも書きましたが)
・家を建てる部分の分筆
・整地
・薪作り
・ボーリング
を雪が降る前の10月末頃までに
終わらせておく、という感じです。
大きなトラブルなく順調に家が建てば
来年の夏には上川地方に移住できると思います。

移住する寸前~移住してすぐにやることと言えば、
・次の年に必要な薪の準備
・除雪機や草刈り機、チェーンソーといった機材の確保
・遊歩道整備
・小屋のハーフセルフビルド
・完成した小屋の中の整備
などなど、書き出したら
やることが盛りだくさんです。
それがある程度済んだら、
やっと新規事業のレンタルスペースを
始められるイメージなので、
開業は再来年以降になります。

更地になっている宅地と違って
木がバンバン生えてる森に家を建てる、
しかも上下水道なしという状態では
かなり骨が折れるのだと思い知りました。
でも、やりたいことをやっているので
不思議と苦痛ではないんですよね。
今は、環境調査の補助員のアルバイトして
小銭を稼ぎながらチェーンソーの練習を
したりしています。

小屋を拠点に新規事業を展開するのは
実は私にとっては目先の目的で、
最終的な目的は若手支援です。
私が65~70歳くらいになったら
20代で自然に携わる仕事につく人に
家・小屋・土地・書籍・図鑑・道具類
すべて譲渡してこの土地を
去ろうと思っています。
土地を買う前からそうしようと決めていました。
未来の人に少しでも良い環境を
残したいと思ったのがそもそもの動機です。
あと、自慢じゃありませんが、
私が歩んできた自然に携わる仕事は
どれも低賃金でした。
好きでやっていることなので
それが辛いと思ったことは少ないですが、
生活が苦しいとは思っていました。
なので、私が持っているもので
未来の人たちに何が残せるだろうか、

と思ったら私の場合はこれだったんですね。
自然環境とセットで拠点が持てたら、
伸びしろのある若手にとって
最高のスタートアップ支援だろうと。
なので、決心はものすごく簡単につきました。
と言うか、自然と決心していました。
周囲の人も
「それが良い、年取ったら森の手入れは難しいし」と
比較的肯定的に捉えてくれているので
自分の決断に胸を張っています^^

でも、家の建設やインフラ・森林整備に
財産をだいぶ使ってしまう予定なので、
高齢者といわれる年齢で
銀行に残された僅かばかりのお金だけを

持って拠点を去るということに
不安がないわけではありません。
ただ、路頭に迷い社会福祉の
お世話になっては現役世代の
負担をいたずらに増やしてしまいます。
それでは意味がないので
そうならない程度に暮らせるよう
資金繰りは慎重にと考えていますが。
10歳年上でかつ短命な家系である夫が

その頃にどんな状態でいるかも
分からないし、
いま私は40歳ですが、
変化が早く激しい時代において
25~30年後の日本の状態なんて
全く分からないので、
人生終盤のことを今考えても
しょうがないと思って
当面は目先の目的に集中して
取り組んでいきます。

まあ、35歳くらいでこんなことを
考え始めていたので
実は短命な運命だったりしないかな、
なんて妙な期待を持っています(笑)

と言うのは冗談ですが、
それでもこのミッションは
人生イチの大博打かもしれません^^
密やかに応援していてください。

0 コメント

マニアな手ぬぐいマニア

20代で発症した手ぬぐい好き、
今もその熱は治まることを知らず、
もはや手ぬぐいマニアな私。(自称)
先日はこんな手ぬぐいを買って
しまいました。
シダ植物の葉柄下部の断面図を
顔に見立てて一言書いてるこれ、
マニアック過ぎて好き過ぎるので
衝動買いです。

手ぬぐい INAHO

実はこんな手ぬぐいも持ってます。
家紋ならぬ蛾紋手ぬぐい。
蛾を家紋風に見立てているんですよ。
これも、すごくいいでしょ。

ちょこざいく本舗

普通な感じのものも
当然あるんですけど
こういうのだけだと
物足りないんですよね。
中毒か?
次はマダニ模様の手ぬぐい、
買っちゃおうか
どうしようか悩んでます。
手ぬぐいマニア的には
欲しいんですけど、
野外活動中のマダニに
苦労している当事者としては、
それを首に巻くのはちょっと微妙。
(手ぬぐいは藪こぎ時に首に巻く^^)
悩むー。

大阪市立自然史博物館

0 コメント

伊達市から登山道を使って有珠山へ

タップ(クリック)で拡大
タップ(クリック)で拡大

先週末のこの日は珍しく登山でした。
山ではなく植物観察が目的なので
どうせ立ち止まって進むのに
時間がかかることでしょう、
ということでコースタイムを
たっぷり見て2時間で外輪山展望台
を目指します。

登山道(看板には遊歩道と記されていた)は
一部雨水で掘れていましたが、
全体的に整備されていて
歩きやすかったです。
私は、右に左と植物を見ながら歩くので、
流石に足元ノールックとはいきませんが、
キョロキョロしていた割には
ふらつかなかったな、と^^
それくらい整った山道。

イチヤクソウの品種、
ヒトツバイチヤクソウが
出始めていました。
赤紫色の花茎が
あっちにもこっちにも
立ち上がっているので
目が忙しい。

コケイランは数株。

外輪が近づいてくると
木々が閑散としてきて
伊達市街地や噴火湾が
見渡せて気持ちが良いです。

スタートから2時間、
ようやく有珠山の外輪に到着。

前回の噴火が2000年ということで、
22年かけて徐々に回復しつつある
植生ですが、
有珠山はおよそ20~30年の周期で
噴火を繰り返しているので、
そろそろリセットされてしまう
かもしれませんね。

噴火するとまたしばらく
近づくことが難しく
なると思うので、
気になる人は
今のうちに行っておくのも
良いかもしれませんよ。

ちなみに大有珠、有珠新山、小有珠といった
山のピークにむかう外輪は立ち入り禁止の
看板が立っています。
法的根拠?拘束力?がないという理由で
自己責任のもと行く人もいるようですが。
NPO法人有珠山周辺地域ジオパーク友の会が主催する
「減災文化伝承ジオパークツアー 有珠山学習会」
が(年イチだったかな?)ありますのでそちらをどーぞ。

0 コメント

室蘭市輪西町の緑地にてたぶん園芸のスズラン

シコタンタンポポ、
室蘭には海岸の際にしか
ないと思っていましたが、
ちょっとだけ陸に入った輪西の緑地、
それも擁壁の隙間から生えてました。

60年以上前なら、
広範囲にあったのでしょうか。
開発で平地のものはなくなり、
今は海沿いだけしか残ってない、
という感じなのかもしれません。

茂みにチラリと見えた
白っぽい何かが気になり、
よけてみるとスズラン!
過去の植物誌に出てきた!
ついに見つけた!?
と一瞬テンション上がりますが、
一呼吸おいて^^
すぐ脇には家庭菜園っぽい土地と、

ツリガネズイセンっぽい
植物があるんです。
畑と外来種のコンボということで
園芸のスズランが野良化したかな?
という雰囲気。
あぁ無念。
懲りずにまたどこか歩こう。

0 コメント

海岸沿いにはヒメヤブランやシコタンタンポポ

数十年前に書かれた植物誌を頼りに
市内近郊をあちこち歩いている
今年ですが、森だけではなく
海岸付近も頻繁に見て歩いています。

何かないかと探してシコタンタンポポ。
苫小牧では市内の公園や
海岸の草地など広範囲で
見られた植物ですが、室蘭では
海岸に限って見られる印象です。
しかも、セイヨウタンポポとの
交雑をしていなさそうな
姿形のものばかりです。

すぐ近くにはヒメヤブラン。
室蘭に来た当初は苦労して
探していましたが、
パッと見てそれと分かる目を
持てた(と思う)今となっては
そのつもりで探せば
難しくない気がしてきました。
室蘭でこの群生を見るのはこれで3か所目。
でもですよ。
開発によってなくなってしまったのか

どうか分かりませんが、
この日も植物誌に登場し、かつ、
今となっては貴重な存在となった
あんな植物やこんな植物を
見つけることはできませんでした。
春先までは何か一つでもと思っていましたが、
厳しそうです。

0 コメント

登別市にある墓地から裏山探索

室蘭市と登別市の境界近くにある
墓地から裏山へ続く道があったので、
歩いてきました。

尾根伝いに上へ行く道と
山裾をトラバースするような道と
いくつか入り組んでいます。
今回はトラバースで。
山のあちこちから水が沁みだしていて
ぐっちゃぐちゃの道が5か所以上は
あったかと。
私はいつも通り長靴だったので
気にせずズンズン歩きました。
短靴だったら汚れ濡れまくり、
足元を気にしまくりだったことでしょう。

そんな所には新旧の井戸があり
何かに使っているようでした。
ただ、水が沁みだしている場所は
どこも何だかとても臭かったです。
トイレの下水のような
何とも言えないニオイが
漂っていました。

所どころにヤマジノホトトギス。
この時期にこんな感じなので、
どれも花は付けなさそう。

エゾタツナミソウ。

ヒロハヘビノボラズ。

ミゾホオズキ。
裏山の散歩道的な場所ですが、
植物は山地の様相を感じさせてくれる
ユニークな場所でした。
お散歩ついでにまた行こう。

0 コメント